システム開発現場の道具箱

株式会社モノクレアが運営するIT技術系のブログです。システム開発の現場で役に立つ情報を掲載しています。

EclipseでDerby Network Serverに接続する

Eclipse (for Java EE Developers)の標準機能でDerby Network Serverを使用する方法です。

データ・ソース・エクスプローラー」ビューで「データベース接続」を右クリック>「新規接続」を選択します。 f:id:monocrea:20160327114610p:plain

接続プロファイル・タイプ」で「Derby」を選択、「名前」にこの接続を識別する名前を入力し「次へ」ボタンをクリックします。

f:id:monocrea:20160327114644p:plain

ドライバー」セレクトボックス右のf:id:monocrea:20160327114528p:plainアイコンをクリックします。

名前/タイプ」タブ「使用可能なドライバー・テンプレート」で「Derbyクライアントドライバー - 10.2」を選択します。 f:id:monocrea:20160327115014p:plain

Jarリスト」タブで「derbyclient.jar」を選択し「JAR/Zipの編集」ボタンをクリックします。 f:id:monocrea:20160327115935p:plain

ファイル選択のダイアログが表示されたら、ローカルにあるderbyclient.jarを指定します。

  • Windows
    • JDKがインストールされている場合
      C:¥Program Files¥Java¥jdk_version¥db¥lib など
    • Mavenでダウンロードしたことがある場合
      C:¥Users¥user¥.m2¥repository¥org¥apache¥derby¥derbyclient¥version など
  • OS X
    • JDKがインストールされている場合
      /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdkversion.jdk/Contents/Home/db/lib など
    • Mavenでダウンロードしたことがある場合
      /Users/user/.m2/repository/org/apache/derby/derbyclient/version など

derbyclient.jarを指定したら「OK」ボタンをクリックしてドライバー定義を終了します。 プロパティ―欄でデータベース名等の接続情報を入力し、「テスト接続」ボタンをクリックします。 f:id:monocrea:20160327120030p:plain

テスト接続が成功したら「完了」ボタンをクリックしてデータベース接続設定を終了します。